スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【有料】算数マス太

Android端末向けアプリケーション
算数マス太<英語名:SanMath>
算数マス太アイコン

当アプリは子供の算数の宿題を見て思いついた算数アプリです。
算数のテスト問題はランダムに作成します。答え合わせも当然自動です。
テスト履歴で結果が確認可能なので、子供は沢山問題が解けて、
親は手軽にお勉強をチェックできて一石二鳥です。

「かんたん」モードでは子供(小学1年生レベル)が一人でも始める事ができます。
「カスタム」モードでは数字の範囲、問題数、演算子を細かく設定が可能です。
あなたの暗算レベルに応じて自由にそして長く使い続ける事が出来ます。
塾で行う反復練習や計算ドリルをやるような感覚で暗算力を身に付けよう。
Androidアプリ開発が初心者な私ですが学習して徐々に機能追加していきます。

無料版との違いは広告が表示されませんのでパケット料金無しで楽しむ事が出来ます。
※現状は有料版と機能に差異はありませんが、今後は有料版のみの機能を追加していく予定です。
(分数の計算、割り算など)


リリース内容
Ver1.0(10/09/04)
・新規リリース
Ver1.1(10/09/08)
・テスト問題に制限時間を追加
Ver1.1(10/09/08)
・テスト問題に制限時間を追加
Ver1.2
・筆算形式のテストを追加。筆算の下部に手書きメモ機能を追加
 (ダブルタッチで手書きが消えます)
・テスト中にHOMEボタンで一時中断出来る様に修正
Ver1.3
・数値範囲を999までに変更
・設定画面の数値欄をタッチすると簡易入力が出来るように修正
Ver1.4(10/10/24)
・IS01(横レイアウト)でエラーが発生する不具合を修正
・横レイアウトの数値入力の答えとクリアの位置を逆に変更
Ver1.5(10/11/01)
・かんたんモードの難易度をいくつかに分別
・かんたんモードで答えがマイナスにならないように修正


使用方法説明

トップメニュー
アプリケーションの起動直後に表示される画面です。
算数マス太_トップメニュー
<かんたん>
かんたんメニュー画面を表示します。
算数を始めたばかりのお子様が一人でやる場合には「かんたん」を選択してください。
<カスタム>
カスタムメニュー画面を表示します。
漢字が分かる方、または保護者が一緒にいる場合は「カスタム」を選択してください。


メニュー(カスタム)
カスタムメニューのメニュー画面です。
算数マス太_メニュー(カスタム)
<テスト>
テストを開始します。
<筆算>
筆算でのテストを開始します。
<おさらい履歴>
過去のテスト結果を確認します。
<設定>
問題数、数字範囲、制限時間など、各種設定する画面を表示する。


テスト
ランダムに作成されるテスト問題が表示されます。各計算式にある「答え」をクリックして答えを入力します。
算数マス太_テスト
算数マス太_テスト_入力
<採点>
テストを終了して採点します。
<やめる>
テストを中断して元の画面に戻ります。


テスト結果(答え合わせ)
テストの答え合わせ及び採点が表示されます。
算数マス太_テスト採点
<再テスト>
同じ問題で再びテストを開始します。
<もどる>
元の画面に戻ります。


筆算
ランダムに作成されるテスト問題が筆算の形式で表示されます。各計算式にある「答え」をクリックして答えを入力します。画面下の領域に手書きでのメモ入力が可能で、ダブルタップでメモ入力を消せます。
算数マス太_テスト
<採点>
テストを終了して採点します。
<やめる>
テストを中断して元の画面に戻ります。


おさらい履歴
過去にやったテスト履歴が表示されます。詳細を選択する事により再テスト(おさらい)できます。
算数マス太_おさらい履歴
算数マス太_おさらい詳細
<もどる>
元の画面に戻ります。



設定
テストで生成される問題の設定をします。
算数マス太_設定(カスタム)
<問題数>
テストの問題数を設定します。例えば20と設定すればテストで20問が出題されます。
<範囲(最小値・最大値)>
テストの数字範囲を設定します。例えば最小値に10、最大値に50と設定すればテストで使われる数字が10~50のとなります。
<制限時間>
テストの制限時間を設定します。制限時間を過ぎると自動的にテストが終了します。
<式数>
テストで生成される計算式の式の結合数を設定します。例えば2と設定すると「10+10」、例えば4と設定すると「10+10+10+10」となります。
<演算子>
テストで使われる演算子を設定します。例えば「+」「-」を設定した場合はそのどちらかを使って問題が出題されます。
<文字サイズ>
テスト画面の文字サイズを設定します。


スポンサーサイト

【無料】ポケロイド

Android端末向けアプリケーション
ポケロイド<英語名:Pokeroid>
ポケロイドアイコン

ホワイト&ブラックの発売に備えて、
ポケモンのタイプと効果を検索条件に相性を表示するアプリを作ってみました。
ゲーム中のポケッチでも同様の事が出来るんですがより戦闘中には使えないはず?なので
皆様の攻略やバトルのお役に立てればと思います。


リリース内容
Ver1.0(10/09/10) 新規リリース
Ver1.1(10/09/12) 最後に検索した条件を保存して再度アプリを起動した時にもセット


使用方法説明

検索条件
アプリケーションの起動直後に表示される画面です。
攻撃タイプ、防御タイプ、効果を選択して検索してください。
ポケロイド_検索条件

<タイプ検索>
攻撃タイプ、防御タイプ1,2の選択リストからタイプを指定する。
<効果検索>
相性の効果によるダメージ倍率(メッセージ)を指定する。
<検索>
入力した検索条件に従い検索を行い、検索結果を表示する。


検索結果
検索条件の検索結果を表示します。
ポケロイド_検索結果


テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

【無料】算数マス太

Android端末向けアプリケーション
算数マス太Free<英語名:MathMaster>
算数マス太アイコン

有料版との違いは広告が表示されます。
現状は有料版と機能に差異はありませんが、今後は機能制限が発生するかと思います。

当アプリは子供の算数の宿題を見て思いついた算数アプリです。
算数のテスト問題はランダムに作成します。答え合わせも当然自動です。
テスト履歴で結果が確認可能なので、子供は沢山問題が解けて、
親は手軽にお勉強をチェックできて一石二鳥です。

「かんたん」モードでは子供(小学1年生レベル)が一人でも始める事ができます。
「カスタム」モードでは数字の範囲、問題数、演算子を細かく設定が可能です。
あなたの暗算レベルに応じて自由にそして長く使い続ける事が出来ます。
塾で行う反復練習や計算ドリルをやるような感覚で暗算力を身に付けよう。
Androidアプリ開発が初心者な私ですが学習して徐々に機能追加していきます。


リリース内容
Ver1.0(10/09/04)
・新規リリース
Ver1.1(10/09/08)
・テスト問題に制限時間を追加
Ver1.1(10/09/08)
・テスト問題に制限時間を追加
Ver1.2
・筆算形式のテストを追加。筆算の下部に手書きメモが書けます。ダブルタッチで手書きが消えます。テスト中にHOMEボタンで一時中断出来る様に修正
Ver1.3
・数値範囲を999までに変更
・設定画面の数値欄をタッチすると簡易入力が出来るように修正
Ver1.4(10/10/24)
・IS01(横レイアウト)でエラーが発生する不具合を修正
・横レイアウトの数値入力の答えとクリアの位置を逆に変更
Ver1.5(10/11/01)
・かんたんモードの難易度をいくつかに分別
・かんたんモードで答えがマイナスにならないように修正


使用方法説明

トップメニュー
アプリケーションの起動直後に表示される画面です。
算数マス太_トップメニュー
<かんたん>
かんたんメニュー画面を表示します。
算数を始めたばかりのお子様が一人でやる場合には「かんたん」を選択してください。
<カスタム>
カスタムメニュー画面を表示します。
漢字が分かる方、または保護者が一緒にいる場合は「カスタム」を選択してください。


メニュー(カスタム)
カスタムメニューのメニュー画面です。
算数マス太_メニュー(カスタム)
<テスト開始>
テストを開始します。
<おさらい履歴>
過去のテスト結果を確認します。
<設定>
問題数、数字範囲、制限時間など、各種設定する画面を表示する。


テスト
ランダムに作成されるテスト問題が表示されます。各計算式にある「答え」をクリックして答えを入力します。
算数マス太_テスト
算数マス太_テスト_入力
<採点>
テストを終了して採点します。
<やめる>
テストを中断して元の画面に戻ります。


テスト結果(答え合わせ)
テストの答え合わせ及び採点が表示されます。
算数マス太_テスト採点
<再テスト>
同じ問題で再びテストを開始します。
<もどる>
元の画面に戻ります。


おさらい履歴
過去にやったテスト履歴が表示されます。詳細を選択する事により再テスト(おさらい)できます。
算数マス太_おさらい履歴
算数マス太_おさらい詳細
<もどる>
元の画面に戻ります。



設定
テストで生成される問題の設定をします。
算数マス太_設定(カスタム)
<問題数>
テストの問題数を設定します。例えば20と設定すればテストで20問が出題されます。
<範囲(最小値・最大値)>
テストの数字範囲を設定します。例えば最小値に10、最大値に50と設定すればテストで使われる数字が10~50のとなります。
<制限時間>
テストの制限時間を設定します。制限時間を過ぎると自動的にテストが終了します。
<式数>
テストで生成される計算式の式の結合数を設定します。例えば2と設定すると「10+10」、例えば4と設定すると「10+10+10+10」となります。
<演算子>
テストで使われる演算子を設定します。例えば「+」「-」を設定した場合はそのどちらかを使って問題が出題されます。
<文字サイズ>
テスト画面の文字サイズを設定します。


テーマ : ソフトウェア
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

kihaku

Author:kihaku
大分で平々凡々に生活しながら、思いつくまま気の向くままにAndroidアプリの開発をやってます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。